BLOG
ブログ

2020.11.08 ブログ

11月のブログ【進化】

11月になりました。

早いもので11月...秋から冬へと季節がかありつつある今日この頃です。
自粛解除から数ヶ月経ち、皆様に支えられながらSTUDIO ADVANCEが継続できている事に感謝しております。
まだ従来のスタイルには戻ってはおりませんが、人数制限の緩和をしたり、STUDIO ADVANCEがより良いと感じて頂ける「スタジオ」となるようシステムなどの見直し・改善をしております。またしっかりとお知らせ致しますが新システム導入は1月を予定です。
オープン当初は右も左もわからないことばかりで、どれが正しいのか?正解なのかすらわからないのが正直な所でしたが、皆様にアドバイスやお言葉など頂き、支えられながら継続してまいりました。

一つ言える事としては、去年のSTUDIO ADVANCEよりも今のSTUDIO ADVANCEが色々な部分でパワーアップしている...つまり『進化している』という事です。生徒数・会員数も去年と比べれば倍ほどになっています(入会希望の方はお早めに...笑)
それに伴って、それに対応した設備やシステムに変更・導入しなければなりません。
オープン当初に作ったシステムでは対応できなくなってきた部分もございます。今後トラブルやご迷惑などを引き起こしてしまう可能性がある所も見えてきました。
『STUDIO ADVANCEは進化するスタジオ』だと私自身思っています。今後新システムの導入や改善で既存の生徒・会員の皆様にはご不便・ご迷惑をおかけする事になるかもしれませんが、皆様にSTUDIO ADVANCEを気持ちよく利用して頂けるよう努めて参りますのでどうぞご理解下さい。


今月のテーマ【進化】

僕自身『進化』という言葉をよく使います。進化とは今より進んだ状態であり、能力アップや環境に適した状態に変化する事を言います。「それって変化するでいいんじゃないの?」と思う人もいると思いますが『変化』とは悪化や劣化も含み、全体の状態が変わることを言います。
もっと言えば、今までの事を切り捨てて変わったことをなども『変化』と言いますが、過去を捨てずに変わったことを『進化』と言えばわかりやすいでしょうか?
本か何かで『人間には進化か退化しかない』と書いてあった気がします。僕がフィットネスの勉強をしていた時も『進化か退化しかない』と教わりました。
世の中はすごいスピードで進化しています。変化がないように見えていても知らず知らずに変化しているものです。その証拠に数年前他店舗でダンスを教えていた生徒が僕の身長を追い越していました...まぁこれは進化と言うより成長なのですが(笑)当然服のサイズも靴のサイズも変わってます。
世の中に変化しないものなんてないと思っています。その変化が進化なのか退化しているのかの違いなだけで。
状況に合わせて変化し変化させる事は生きている証拠であると思っています。
音楽の世界やダンスの世界でも日々進化していますね。もちろんそれ以外の物事も進化しています。
その進化が良いのか悪いのかはさておき、前に進んでいくという事は良いことだと思います。進むことで次のステージに進むことができますし、自分が目指している所へ近づいているということなのですから。進むことで辛いことや困難など壁が現れると思いますが、その壁を乗り越えてまた新しいステージへ進んで行き、また壁にぶち当たる...それの繰り返しなのでしょう。
辛いこと・しんどいこと・嫌なこと・きついことは誰にとってもしたくないことです。
しかし、それらの事は『前に進んでいるからこそ現れる壁』であり本当に望んでいるのであれば『乗り越えていかなければならない壁』だと思います。
壁が現れた時は落ち込んだりもするでしょうし諦めたりするでしょう。乗り越えていけるか不安にもなります。そんな時は肩の力を抜いて一呼吸してみましょう。自分が一体何がしたいのか?どこを目指しているのか?なんの為にしているのか?本来の目的やゴールを確認する事で自分の気持ちをゆっくりと燃やしていきましょう。もし難しいようなら壁から一旦離れても良いと思っています。なんなら今進んでいる所と『違うルート(道)』を探してもOKだとも思っています。ただし、どんなルートを辿って進んだとしても進んでいる限りいつかどこかのタイミングで『壁』は必ず現れます。壁が現れないという事はよほど運が良いか止まっている(退化している)かのどちらかです。
少しモチベーションの話をすると、壁・壁・壁と壁ばかり話をしてしまっていますが、壁の話をしているわけではありません。そうではなく自らが望む素敵な景色(ステージ・ゴール・目的)に行った時の事を想像しましょう。そこには素敵な景色・素敵な自分が居ると思えば多少の苦しみは乗り越えていけるはずです。
『進化』はすべきですし、した方が良いと僕は思います。生きているからこそできる事です。焦らずしっかり進んで、たくさん壁を乗り越えながら前へ進んでいきましょう。
もちろんそれを楽しみながら。
SHARE
シェアする