BLOG
ブログ

2021.01.19 お知らせ

営業継続について


1月19日現在、大阪や東京の首都圏では緊急非常事態宣言が発令されております。
飲食店では、時短営業や自粛協力を行なっていますね(半分強制の様なものですが...)

ニュースなどを見て 個人的に思うことはたくさんあるのですが...そこは置いておいて(笑)
今回は気になる『営業時間』をお伝えしておきます。


現在も変わりなく 通常営業 でございます。


大阪府ではスポーツクラブなどでも時短営業の処置がとられるそうです。
当施設はスポーツクラブではありませんし、規模(スタジオの広さ)なども小さいスタジオ。
人の出入りはありますが、現在も『消毒』『換気』『清掃』『高性能空気清浄機導入』を行なっており、人数の制限・レッスン時間の短縮(空気入れ替えを行う時間)を実施しています。
「安心して...」というのは難しいですが、感染リスクを減らすよう心がけて営業を続けています。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここからは僕個人が思うことですが、
コロナに感染しないようにするためには、家から出なければ(人と接する機会がなければ)感染しないと思います。
生きている以上 そういうわけにはいかないですが。
どこまで対策を行えば良いのか、どこまでならダメなのか。
フェイスシールドが良いとか悪いとか、マスクは2枚重ねて使用するとか、マスクをしながら食事をしろとか...(それは無理でしょwって思ってます)

情報が溢れてますね。

最近では『変異種』などのニュースを聞きます。
変異種と聞くだけで、ものすごく怖く感じませんか?もともと怖いウイルスなのに、それの強化版か!っと。
ワクチンは有効なのか?次は変異種が流行るんじゃないのか?など不安だらけです。
...僕は「また不安煽るような発信をしてるな...どうなんだろうな?」っと思って調べに入りますが、変異種のニュースだけを見ると不安で仕方がありませんよね。
変異種を侮ってる訳ではないですし、怖いのは間違いないですが『変異種』という名前だけで判断をしてはいけないと思っています。
どういったものなのか?どのくらいの脅威なのか?どう変異したのか?など、気になった事を先ずは調べてみます(あってる間違ってるというのは別として)
変異種の方が感染力は強めになっていると言われています。ウイルスも生き延びるのに必死ですから、生き延びるために変化していく必要があったという事でしょう。

そういえば、何かの記事?TVで偉い先生が言っていました。
「感染力が強いということは弱毒化していってるということ。強毒性なのであれば、感染者がウイルスを広げる前に死んでしまってウイルスが広がらなくなってしまう」...見ながら、一理あるなと。
ウイルス発生当初は、亡くなっている方は多く見られていたのが、現在は『無症状感染者』『感染しているが軽症である』が多いそうです。発生当時がウイルス自体で亡くなっているのかは謎ですが...。
コロナに感染した人が亡くなってしまう理由の多くは『合併症』で亡くなってしまうそうです。
感染力が強い代わりにウイルス単体の毒性は低いが、強力な合併症を引き起こす可能性が高いウイルス...というところでしょうか。
これも本当のところはどうかわかりません。

『ウイルスにかからない』というのはもしかすると難しい事なのかもしれませんね。
僕たちが生きている周りにはたくさんの菌やウイルスが存在しています。
インフルエンザウイルスは代表のウイルスで、冬になると毎年多くのインフルエンザ患者がいるそうですが、
マスク着用・うがい手洗いで今シーズンのインフルエンザ患者は激減しているのだそうです。

マスク・手洗い・消毒・ワクチン コロナだけではなく、たくさんのウイルスに対抗できるものは存在すると思いますが、最終的には自分自身の『免疫力』が最後の砦となって自分を守ってくれるものだと思っています。
先ずは、ちょっとでも良いので自分の『免疫力』を高めるように心がけ、
少しで良いので健康状態を意識しながら、改善していけるようにしましょう。
SHARE
シェアする